銀翼のイカロス 池井戸潤

池井戸潤「半沢直樹シリーズ」

ロスジェネの逆襲

の続編

銀翼のイカロス

業績不振に陥った「帝国航空」の担当となった半沢が、帝国航空への債権放棄を要請する

・国交大臣
・帝国航空再生タクスフォース
・銀行内部で債権放棄を主張する人間

との戦い

今回の話は現実の人物や組織をモデルにしている点が多く

帝国航空 → JAL
憲民党 → 自民党
進政党 → 民主党
国交大臣 白井亜希子 → 蓮舫
箕部啓治 → 小沢一郎

また、2009年の「自民党から民主党への政権交代」の際、国交大臣の前原誠司が、自民党政権時の「有識者会議」を廃止し、「JAL再生タスクフォース」を設置する点などが読めば分かります

債権放棄の圧力
政治家の不正
官僚のプライド

まだ、読まれていない方もいると思いますので、詳しく内容は言えません

しかし、今回はあまりも現実で起こった事とのリンクが分かりやすく、「政治指導の債権放棄圧力」「とりあえず前政権の否定」「素人がやりたい放題やってるだけ」など、民主党政権時代への強烈な皮肉を書いているようです

民主党政権時代に色々と不満を持った人間としては「スカッとする最後の内容」を期待して、一気に読んでしまいました

スカッとした気持ちになりたい方にはお勧めです