量子力学とは分子と原子に原子核や素粒子などのミクロの世界を基本として諸現象を説明する理論

現代物理学の土台となる理論体系となっておりアインシュタインの相対性理論と並んで重要視されるものです

量子力学は以前よりあったニュートンの運動法則やマクスウェルの電磁法則などに取って代わる運動法則として発展してきたものとなります

量子力学の代表的なものとしてはエルヴィン・シュレーディンガーによるシュレーディンガー方程式を基礎とする波動力学と、ヴェルナー・ハイゼンベルク、マックス・ボルン、パスクアル・ヨルダンらによって提言されたハイゼンベルクの運動方程式を基礎とする行列力学ということになります

現代社会において必要不可欠な、携帯電話・コンピュータなど、量子力学がなければ出現してきていないと言われるものもたくさんあります

量子力学は一般人には何の関係もないものと思いがちですが今行っている社会生活には欠かすことが出来ない物理法則となっているのです

生活に密着している製品も数多く実は量子力学は身近な物理学でもあるのです