砂の栄冠 三田紀房

全ての高校野球漫画を読んだわけではないですが、私が今まで読んだ高校野球漫画の中では

高校野球の舞台裏もしっかり見せる、一番リアルな高校野球漫画

で、一番面白かったです

「バカで無能な尊敬できない監督」の元で「大人が気に入る好青年を演じる主人公」の図式が面白い

高校野球をひと昔の高校野球漫画言えば、「恋愛」「魔球」「青春」「友情」などイメージしますが、この「砂の栄冠」は「魔球」「恋愛」はありませんし、「青春」「友情」の素晴らしさは漫画を通じて一部分しか伝わってきません

しかし、作者の三田紀房さんは本当に高校野球が好きで、そして高校野球について調べているなと思います

甲子園で勝つためには観客を味方にしなければならない

そのために

攻守交替は全力疾走
内野ゴロでアウトになってもベンチまで全力疾走

など

大人が求める球児を演じて猫を被る

という視点は今までの高校野球漫画ではなかったのではないでしょうか?

他にも

甲子園は興行
甲子園では試合を早く終わらせようとする審判
特待生・野球留学
選手を持ち上げて大会を盛り上げようとするメディア

など、高校野球や甲子園が好きな方なら興味深く読めますよ