消化器内視鏡 東京医学社 引き取り

消化器内視鏡 東京医学社

送料当方負担(着払い)

にで引き取りさせていただきました

2002年
1月 膵嚢胞性腫瘍はこうみる
6月 H.pylori除菌と食道・胃の腺癌

2004
1月 黄疸を診る
2月 直腸・肛門病変を見落すな
3月(増大号)内視鏡 これが基本だ
4月 肝癌の局所治療
5月 Endoscopic Submucosal Dissection 切開剥離術を習得する
8月 Interventional EUS
9月 胃 MALT リンパ腫の新たな展開
10月 慢性膵炎のすべて どう診断し、どう治療するのか
11月 胃癌診断の新しい視点
12月 消化肝癌化学療法と内視鏡

2005年
1月 NASHとASHの肝表面像
2月 MRCP時代のERCP
3月 今、改めて胃酸関連疾患を見直す
4月 ここまできた小腸内視鏡
5月 ESDのコツ
6月 機能性疾患がみえてくる
8月(増大号)大腸ポリープの取扱い
9月 胃炎をどう視るか
10月(増大号)これがBasic Technique
11月 救急止血の最前線

2006年
1月 肝門部胆管癌に挑む
2月 こだわりのESD
3月 大腸cm癌 1000μmが何を変えるか
4月 消化管の”前癌病変”
6月 EST30年
7月 EST時代のEMR
8月 UC10万人時代の大腸内視鏡
9月 咽喉頭・上部食道の内視鏡診療
10月(増大号)「緊急内視鏡」早わかり
11月 今できる小腸疾患へのアプローチ
12月 +30秒 色素法の活用

2007年
1月 Hematochezia
2月 安全なセデーションのすすめ
4月 どう使う経鼻内視鏡
5月 ワークショップ:進化する ESD
6月 消化管手術後の内視鏡
7月 使い熟そう EUS
10月 いま、食道胃接合部が熱い
11月 ダブルバルーン内視鏡が変えた治療学
12月 膵管ドレナージ最前線

2008年
1月 PEGの今とこれから
2月 NSAIDs 関連病変は変わった
3月 ESD 食道・大腸への展開
4月 経鼻内視鏡は本当に楽なのか?
5月 EUS 下穿刺術 これが標準
6月(増大号)当直医のための消化器救急診療マニュアル
7月 膵嚢胞性疾患を診る
8月(増大号)腸炎をどうみるか 感染からIBNまで
9月 胃 ESD スキルアップ あなたならどうするこの症例
10月 今や常識 小腸内視鏡 カプセルとバルーン内視鏡の最新知識
11月 超高齢者の内視鏡
12月 スキルアップERCP

2009年
1月 ここまで使える経鼻内視鏡
2月 内視鏡イメージングの進化
5月 オーダーメイド医療を可能にする胃癌診断
6月 Advanced Therapeutic Endoscopy
7月 内視鏡データベース活用の時代
8月 NERD・RE・Barrett 食道と内視鏡
9月(増大号)どうする大腸腫瘍
10月 一二指腸隆起性病変をみたら
11月 EUSによる粘膜下腫瘍の診断
12月 胆膵内視鏡のトラブルシューティング

2010年
1月 切っても切れない胃癌診断と胃炎
2月 大腸だってESD
3月 実践的カプセル内視鏡
4月(増大号)やっぱり大切、基本手技
5月 もう一歩進んだ経鼻内視鏡
6月 見落すな、早期咽頭・食道癌
7月 病理医から内視鏡医への注文
8月 大腸の潰瘍 大集合
9月(増大号)救命・救急と内視鏡
10月 これがNOTESだ
11月 危ない静脈瘤出血
12月 胆膵内視鏡ルネサンス