村田連発銃及連発騎銃取扱法 Murata Type 22 Rifle

明治三十七年二月十五日印刷

明治三十七年二月二十日発行

村田連発銃及連発騎銃取扱法 Murata Type 22 Rifle
村田連発銃及連発騎銃取扱法 Murata Type 22 Rifle
村田連発銃及連発騎銃取扱法 Murata Type 22 Rifle
村田連発銃及連発騎銃取扱法 Murata Type 22 Rifle

村田連発銃及連発騎銃取扱法目次

総則 一丁

第一章 銃器従属品及弾薬 三丁

第二章  分解及結合法 十丁

第三章 取扱上一般ノ注意 二十一丁

第四章 拭浄法 二十六丁

第五章 検査 四十丁

1880年(明治13年)に日本軍に初めて採用された国産小銃

村田銃

を開発した村田経芳により設計・製造された連発式軍用銃

台湾鎮定戦、北清事変では使用された記録がありますが、日清戦争では配備が間に合わず、使用されてはいないようです

陸軍での採用期間が短かったため、この取扱い関係の書籍の数も少なく、非常に貴重です

中古市場での過去の取引を調べても、取引された件数が少なく、非常に貴重なことが窺えます

戦前の日本帝国陸軍関係の書籍や冊子で、銃についての図が豊富なものは、海外でも需要がありますので、高値買取が可能です

文章だけの書籍も需要があるものでしたら高値買取が可能です

もし、買取ご希望の際はお気軽にご相談くださいませ