新ナニワ金融道リターンズ1巻

青木雄二さんが描かれた

ナニワ金融道

から、青木雄二さんが亡くなられた後に、青木雄二プロダクションとして発行された

新ナニワ金融道1巻~20巻

も、古本として買取した際に、自ら興味深く読みました

続編としての

新ナニワ金融道リターンズ

が続いて発売されるのは嬉しいです

サラ金、闇金、連帯保証人、手形裏書、不動産の抵当権

など、学校では教わらない借金や契約の怖さを、この漫画を読む事で少し勉強できていると思います

文字ばかりの本を読んでもなかなか理解できませんが、漫画のストーリーで学ぶと理解しやすいですし、記憶にも残ります

新ナニワ金融道リターンズ1巻ですが、新ナニワ金融道20巻の続きで

工事現場で知り合い、帝国金融に入社した中国人の陳元菜
元警察キャリアで再び帝国金融に入社した都沢勝

なども登場し、主人公の灰原達一郎にライバル意識や抵抗感を出しながら、業務にあたります

今回の話は、会社を辞め同じ業界で起業するための資金を帝國金融に借りに来た男の話ですが

妻の不倫、認知症の父、生前贈与

など様々な入り組んだ問題が起こり読みごたえがあります

「務めた会社を辞めて同じ業界で企業」する事はまれかもしれませんが、親の認知症・介護や、土地・建物などの生前贈与などは将来的に起こる可能性がある方は多いので、興味深く読めると思います

また、現在も

「ナニワ金融道」「新ナニワ金融道」

は、全巻セットなら買取可能ですので、お売りいただける場合は是非ご連絡くださいませ