幾何学関連本の買取もさせていただいておりますが、このページでは「幾何学」についての説明です

幾何学とは人間が見たり聞いたり触ったりすることで知ることが出来る物体や、様々な現象を通じて得ることができる図形の性質を探求するといった学問となります

平面幾何学や立体幾何学というものが一般的には知られているものとなります

元々の発祥は非常に古く古代オリエントの時代と言われています

昔、ナイル川は何度となく氾濫を繰り返し元々配分されていた土地というのが、氾濫のたびに配分しなおすという作業が必要だったと言われています

そうした中で発達してきたのが測量という技術です

この測量術というものの進化した形のものが幾何学というものになるのです

その後、更にギリシャで発展を遂げていくとになり、特に紀元前300年ごろのユークリッドによってユークリッド原論としてまとめられていくことになるのです

尚、幾何学に関しては現代においては微分幾何学や代数幾何学、位相幾何学などへと発展を遂げ高度な抽象的な理論へと発展してきています

また、まったく違う抽象的な考え方や想像の産物と言われるものにまでも幾何学的に表現をされるということも現代では増えてきています