2017年3月31日時点では

Amazon Kindle Unlimited(月々980円・初月無料)

で読めます

先日読んだ

サラリーマンは自宅を買うな 石川貴康 東洋経済新報社

と内容が重複する部分が多いです

将来の事など誰も分からない

未来は不確実である

その時々の家族構成、職場、住環境などに応じ、身の丈に合った賃貸物件で住む事が良い

将来的に人口減少で空き家が増える事が確実な状況なので

・将来地価や不動産価値が上がる

など、バブル期のような幻想を抱く事は愚かと断定している

住宅購入や賃貸関連の問題なども扱っており

タワーマンションでの節税(富山県は関係ない)
修繕積立金
2015年杭打ち虚偽データマンション問題
日本のバブルはアメリカの政策失敗
サブムライム問題の解説
REIT
UR物件
敷金(敷金返金訴訟は面白い)
更新料
住宅購入時に備え付け家電は買うな!(シンプルな箱でいい!)
デザイナーズマンションは「住むもの」ではない
不動産会社の営業

など内容が幅広いですが、住宅ローンで自宅購入を検討しているなら関係ないと思わずに一読することをお勧めします

しかし、著者個人もローンで住宅購入した経験段もあり、

・二重窓ではなかったので、冬場は窓に滝のように水が発生した

など、住宅購入についての失敗談もあり、これから住宅ローンで住宅購入を検討している方にとって役に立つ情報も含まれています

少ない情報の元で人生で一番大きな買い物をするのは無謀です

「賃貸は嫌だ!住宅を購入する!」と強い信念を持っている方にとっては耳障りな内容が多く含まれていますが、この内容を理解し咀嚼した上で住宅購入をするのなら自己責任で購入すれば良いでしょう