大東亜戦争絵巻 フィリピンの戦ひ 大本営陸軍報道部監修

大東亜戦争絵巻 フィリピンの戦ひ 大本営陸軍報道部監修

大東亜戦争絵巻 フィリピンの戦ひ 大本営陸軍報道部監修

大東亜戦争絵巻 フィリピンの戦ひ 大本営陸軍報道部監修

監修にあたりて

未曾有の決戦かに於いての幼児や児童の対する教育は慎重に考へなければならぬ。特に国家観念の正しい認識は将来帝国の盛衰を左右する重要事項であって日常児童の無邪気な生活の内にこれを正純に植付ける事が必要である。
今日までの戦争の真相を自動に伝える正確なものは極めて稀であって其多くは挿絵画家の想像と文士の構想が戦争と云う観念的な場面を描き散して児童に押しつけて居たと云っても過言ではない。知識欲旺盛な幼年時代の児童にこんな無責任なものが与えられる事は許されることであってはならない。
本書は何れも陸軍報道班員の方々が正確な史実と現実に見聞きされた事項の内或は国家の誇りとして或は日常生活中の反省として児童の与えなければならないものを蒐録したものである。構を起してから約半年の長時日の要して本書が上梓されるに至った理由は何回も何回も絵、文共にお描き直しを願った為である。
此の点は執筆の諸先生並に担当せられた方に深くお詫びを申上る次第である。
尚戦争史実としての保存のために紙質等の吟味も考慮して戴いた筈である。

大本営陸軍報道部 内山大尉

昭和十九年四月十日印刷
昭和十九年四月十五日発行

目次

大東亜戦争絵巻 フィリピンの戦ひ

マニラ入城 寺内萬治郎
砲兵の攻撃 向井潤吉
歩兵の進撃 鈴木榮二郎
給水班の活躍 永井保
機械化部隊の進撃 鈴木榮二郎
米降服兵 田中佐一郎
爆撃機のコ島爆撃
砲兵のコレヒドール猛攻 向井潤吉
敵前上陸 向井保
きく高地の激戦 田中佐一郎
コレヒドール占領 寺内萬治郎

解説 上田廣
表紙 向井潤吉
装幀 永井保