古文解釈のための国文法入門 松尾聰 研究社 増補改訂

目次

はしがき

序説
第一章 助動詞
一 る らる
二 ゆ らゆ(上代)
三 しむ す さす
四 す(上代)
五 き けり
六 む
七 まし
八 つ ぬ たり り
九 らむ
一〇 らし
一一 めり
一二 べし
一三 べらなり
一四 けむ
一五 終止形に添う「なり」
一六 ず ざり じ ましじ まじ
一七 ふ(上代)
一八 こす(上代) まほし まほしかり たし
一九 体言または活用語の連体形に添う「なり」
二〇 体言に添う「たり」
二一 ごとし

第二章 助詞
一 格動詞の「が」「の」(つ、な)
二 格助詞(?)の「い」
三 格助詞及び接続助詞の「に」
四 格助詞の「へ」
五 格助詞・関節助詞・接続助詞の「を」
六 と
七 より
八 よ ゆ ゆり
九 から
一〇 だに
一一 すら
一二 さへ
一三 のみ
一四 ばかり
一五 まで
一六 など
一七 づつ
一八 は
一九 も
二〇 ぞ
二一 系助詞の「なも」(上代)
二二 系助詞の「なむ」
二三 終助詞の「なも」(上代)と「なむ」
二四 系助詞の「や」 
二五 間投助詞の「や」
二六 系助詞の「か」
二七 系助詞の「こそ」
二八 禁止の「な」
二九 ば
三十 と
三一 とも
三二 ど
三三 ども
三四 て
三五 ても
三六 ながら
三七 つつ
三八 ものゆゑ
三九 終助詞「が」「がも」「がもや」「がもよ」「がもな」「がな」
四〇 希望の「な」(上代)
四一 誂えの「ね」
四二 がね(上代)
四三 誂えの「に」(上代)
四四 がに(上代)
四五 かし
四六 ばや
四七 間投助詞の「い」
四八 し
四九 感動の「な」
五〇 ろ(上代)
五一 ゑ(上代)
五二 よ

第三章 形容詞

第四章 動詞

第五章 敬語としての動詞及び補助動詞
一 尊敬語
(イ)ます
(ロ)まさふ(四段活用)
(ハ)います(上代では四段活用、中古ではサ変活用)
(ニ)います(下二段活用)
(ホ)いまさふ(四段活用)
(へ)いまさうず(サ変活用)
(ト)いますがり・いまそがり(ラ変活用)
(チ)みまそがり(ラ変活用)
(リ)いますがらふ
(ヌ)まします(四段活用)
(ル)ましまさふ(四段活用)
(ヲ)おほまします(四段活用)
(ワ)おはす(サ変活用)
(カ)おはさす(四段活用)
(ヨ)おはさうず(サ変活用)
(タ)おはします(四段活用)
(レ)おはしまさふ(四段活用)
(ソ)おはしまさうず(サ変活用)
(ツ)たまふ(四段活用)
(ネ)たぶ(四段活用)
(ナ)たうぶ(四段活用)
(ラ)のたまふ(四段活用)
(ム)のたぶ(四段活用)
(ウ)のたうぶ(四段活用)
(ヰ)おほす(下二段活用)
(ノ)おもほす・おぼす(四段活用)
(オ)おもほしめす・おぼしめす(四段活用)
(ク)めす
(ヤ)聞こす(四段活用)
(マ)聞こしめす(四段活用)
(ケ)をす(四段活用)
(フ)聞こしをす(四段活用)
(コ)知らしめす・知ろしめす(四段活用)
(エ)御覧ず(サ変活用)
(テ)みそなはす(四段活用)
(ア)つかはす(四段活用)

二 謙譲語
(イ)まつる
(ロ)つかへまつる・つかうまつる(四段活用)
(ハ)たてまつる(四段活用)
(ニ)たてまつる(下二段活用)
(ホ)まゐる(上一段活用・四段活用)
(へ)まゐらす(下二段活用)
(ト)まうづ(下二段活用)
(チ)まうでく(カ変活用)
(リ)まかる(四段活用)
(ヌ)まかづ(下二段活用)
(ル)まをす・まうす(四段活用)
(ヲ)まうさす(下二段活用)
(ワ)きこゆ(下二段活用)
(カ)きこえさす(下二段活用)
(ヨ)たまふ(下二段活用)
(タ)たまはる(四段活用)
(レ)たぶ(下二段活用)
(ソ)たうぶ(下二段活用)
(ツ)たばる(四段活用)
(ネ)たうばる(四段活用)
(ナ)はべり(ラ変活用)
(ラ)さぶらふ(四段活用)

絶版本で中古としても高値で取引されておりますので、数ページに線引きがありましたが

1000円

で買取いたしました

この本は既に売れましたので、お求めの方はアマゾンなどでお買い求めくださいませ