北大路魯山人 魯山人の宇宙 高岡市美術館

北大路魯山人 魯山人の宇宙 高岡市美術館

北大路魯山人 魯山人の宇宙 高岡市美術館

2015年9月12日~10月18日まで高岡市美術館で開催されている

北大路魯山人の展覧会

魯山人の宇宙

にシルバーウィークの9月20日(日)に行ってまいりました

観覧料

一般 800円
高校・大学生 500円
小中学生 200円

この日は、NHKのど自慢が高岡古城公園内の高岡市民会館で開催されていたので、若干、古城公園の周辺は交通量が多かったように思います

高岡市美術館は大勢の人が大挙して混雑することなく落ち着いた雰囲気でした

同じく高岡市美術館で開催された「ドラえもん展」にも行きましたので、その時と比較すると子供が展覧会にいない分非常に静かに感じました

小学生・中学生も観覧できますが、小学校低学年の子が

「この器は素晴らしい」

とか言っていたらちょっとビックリします

私でも魯山人に対して造詣が深い訳ではなく、実際に魯山人の作品を見て

「なんとなく凄いのは分かる」

というようなフワフワした気持ちでしたが、ちょっと格好を付けて

「おお~ いいね~」

など分かる人間のような事をブツブツ言いながら作品を見ました

でも30代になってから、骨董の壺や皿などを見るのが好きになってきましたので、非日常の空間を味わいながら展覧会で作品を観るのは非常に有意義な時間だと思いました

帰りの売店で作品の柄をあしらったマグネットなどがすごく欲しくなりましたよ

でも、実用的な物以外は極力買わないようにしているので、我慢して購入したい気持ちを抑えました

「何か骨董品がほしくなってきた」

と思った秋晴れの午後でした