ヴォルフガング・パウリはヴォルフガング・エルンスト・パウリという名前でオーストリア生まれのスイスの物理学者となります

パウリは量子力学の分野で多くの業績を残している人で量子自由度のモデルを提案したパウリの排他原理やスピンの理論などが有名な業績の一つとなります

パウリは論文を書くことを嫌ったとも言われており、その多くは友人などへ送った書簡などから発表されているものが多いといいます

そのため、自分が考えだした業績であったとしても他人が論文として業績として世に出したとしても大して気にもしていなかったとも言われています

また、パウリは実験も苦手だっと言う話も残っており、実験装置が壊れると評判になったパウリ効果なども面白い話として残っています

1945年には「1925年に行われた排他律、またはパウリの原理と呼ばれる新たな自然法則の発見を通じた重要な貢献」に対してノーベル物理学賞が与えられています

この受賞にはアインシュタインの推薦があったと言われています。