ヴィヴァルディ関連のクラシックCDも買取させていただいております

このページではヴィヴァルディという人物についての記載です

バロック後期のバロック音楽を代表しているとても有名な作曲家としてアントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディがあげられます

アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディは現在のイタリアであるベネチア共和国で1678年に生まれました

気性の激しい衝突しやすい性格の人物であったと言われています

カトリック教会の司祭でもありました

父親はサン・マルコ大聖堂付きオーケストラの一員であり理髪師でもあったヴァイオリニストでした

そんな父親からヴァイオリンを学んでいました

10歳には教会付属の学校に入学しました

そして25歳には司祭となったのですが、アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディは赤毛であったので赤毛の司祭とも呼ばれていました

そして司祭となった同年にピエタ慈善院付属音楽院でヴァイオリンやヴィオラ・アッリングレーゼを教えていました

更にオペラ作曲家としても活躍していました。オペラ上演のためにヨーロッパ各地を回っていたようです

残した作品は死後は忘れられていましたが、20世紀に入ってから再評価されて注目を浴びるようになったそうです