マックスウェル関連の物理本の買取をさせていただいております

このページは、マックスウェルその人物についての説明です

マックスウェルとは1831年6月13日にイギリスのエジンバラに生まれ、ケンブリッジ大学を卒業しアバディーン大学、キングズ・カレッジ、ケンブリッジ大学教授を歴任しキャベンディシュ研究所初代所長を勤めたジェームズ・クラーク・マクスウェルのことでイギリスの物理学者となります

「熱の理論」「電気磁気論」などの著書がありファラデーの電磁場の理論を1864年にマクスウェルの方程式を導いて完成させたことで有名な学者となります

また、電磁波の存在を予想し、その速度を光の速度と一緒であるということと、波の形は横波であるということを示した人になります

土星の環や気体分子運動論、熱力学、統計力学の研究でもよく知られておりまさに偉大な学者であったと言うことが言えるのではないでしょうか

主な業績としてはマクスウェルの方程式、マクスウェル分布、マクスウェルの悪魔、マクスウェルの関係式、変位電流 などが挙げられます

CGS電磁単位系・ガウス単位系における磁束の単位であるマクスウェルというのはジェームズ・クラーク・マクスウェルの名前を由来としています