ホーキング放射関連本の買取もいたします

ここでは

ホーキング放射

の説明を記載させていただきます

ホーキング放射とはイギリスの物理学者であるホーキングが1974年に提唱したもので、ブラックホールは熱を持った放射を行うというものです

ホーキング輻射とも言います

量子力学的な真空のゆらぎから粒子と反粒子が生成されていく中で、片方はブラックホールに取り込まれてしまい、もう一方はエネルギーを持っている状態で放出されます

いわゆる黒体放射というものになるのですが、放射の際の絶対温度であるTはブラックホールの質量であるMに反比例するという理論です

最終的にブラックホールは放射をすることでエネルギーを失うことになり消滅してしまうということになるのです

ホーキング放射はあくまでも仮説ということになっていますが、ブラックホールの近くに行って確かめるなどということは到底出来ません

現在に至るまでこの仮説を覆すような事象は起こっておらず、基本的には有力な仮説であるということは言えるようです

日本における研究に置いても様々な実験がとりおこなわれていますが、現在のところホーキング放射が矛盾するような結果は得られていないというのが実情です