イギリスの理論物理学者

スティーヴン・ホーキング

テレビなどで筋萎縮性側索硬化症でありながら車いすに乗って出演している姿を見た人なども多いのではないでしょうか

あるいは2012年のロンドンでのパラリンピックにおいてのスピーチを覚えている人も多いかもしれません

スティーヴン・ホーキングは子供の頃から数学や物理学に優れた才能を発揮していたと言われており、ケンブリッジ大学での博士課程のころに筋萎縮性側索硬化症にかかったそうです

スティーヴン・ホーキングはアインシュタイン以降では最も宇宙論に対して影響を与えた人物であると言われておりホーキングの宇宙論として有名です

量子力学を通じ宇宙の起源・構造のなぞを解き明かそうとするのが、ホーキングの宇宙論

特にブラックホールに関する理論に関しては第一人者と言って良い存在となっています

一般相対性理論と量子力学を統合する量子宇宙論を展開しており「無境界境界条件」をあらわしています

スティーヴン・ホーキングの発言は大きな反響を呼ぶことも数多くあり世界の人が注目をしている人の一人と言えるのです