シュヴァルツシルトとはカール・シュヴァルツシルトのことでドイツの天文学者となります

ブラックホーるの存在を示唆したということで有名な人物となります

シュヴァルツシルトの解
シュヴァルツシルト面
シュヴァルツシルト半径

などを発見した人ということで物理方面に詳しい人ならご存知の人も多いかもしれません

そのシュヴァルツシルトは

シュヴァルツシルト時空

という考えを発表しています

これはたとえば、質量Mを持ち、回転していない球対象な天体を考えた時に、重力の影響により、その周りの時空は平坦ではないという考えのことを言います

つまり物体の運動や質量と時空の歪みには密接な関係があるということを指しているものとなります

質量がある物体の周りでは空間が歪みます

時空が歪むということは、それ自体がその中にある物体の動き、運動に影響をあたえるということにもなるのです

シュヴァルツシルトはこの歪んだ時空をどのように表現するのか、どのように理解をするのか、どうやって捉えらたら良いのかということに辿り着きシュヴァルツシルト時空計算という概念に辿りつくこととなっていきます