作曲家でもあり指揮者でもあるグスタフ・マーラーは、オーストラリアのウィーンで主に活躍しました

歌曲と交響曲の大家として非常に有名です

グスタフ・マーラーは1860年7月7日に誕生しました

小さいころから才能があったようで、4歳の頃にはアコーディオンを巧みに演奏したと言われているのです

1870年には10歳にして初めてのピアノの独奏会を行いました

1876年16歳の時に演奏解釈賞と作曲賞を受賞しました

それから1878年18歳の時に作曲賞を受けてウィーン大学を卒業しました

そして1883年23歳の9月にはカッセル王立劇場においてカペルマイスター、つまり楽長になりました

翌年の24歳の年には6月に音楽祭においてベートーヴェンの第9交響曲とフェリックス・メンデルスゾーンの聖パウロの指揮を行いました

そして指揮者として成功したのです

25歳にはプラハのドイツ劇場の楽長となり、さすらう若者の歌を完成させました

26歳はライプツィヒ歌劇場において楽長となり子供の不思議な角笛の作曲を行いました